忍者ブログ
え?全力で生きているかって? ――答えはYesだ。当たり前だろそれが人生なんだよ!!
[647]  [646]  [645]  [644]  [643]  [642]  [641]  [640]  [639]  [638]  [637
胃カメラやってきましたどうもMugenです。



最近とても胃が痛くて、ついに胃カメラやることに。



そもそもの事の発端は去年の年末ぐらいでしょうか。最初、とりあえずお腹に違和感がある状態でして、ただそれが大腸がやばいと思い込んでいたところからスタートです。

勝手に大腸だと思って病院に行き、「この辺が痛い」と言うと、それ胃じゃね?みたいなことになり、胃酸の分泌を抑える薬をもらいます。

そして飲み始めた所、なんということでしょう!痛みが治まってきたのです。

薬飲んで勝手に治ったと思い込んでいたのですが、しばらく経つとまた痛み出し、若干まずい気がしてもう一度行った所で胃カメラやることになりました。




で、昨日の胃カメラの話。今回鼻から入れるタイプでした。

前日の夜は軽くしか食べちゃダメとか言われたけど、そんな軽くしか食べれないならいっそ食べずに行ったれという感じで食べずに朝7時半に病院へ。

しばらく待って、予約の時間になり、怪しげな個室へ。



説明を一通り聞き、処置に入ります。



まず、ポカリのまずい版みたいな薬をゴクゴク。

そして、鼻の穴に薬と麻酔を入れられました。



んでこの麻酔がすごくって、鼻から喉へ落ちて行き、しばらくするともう唾液が飲み込めなくて咳き込むような感じになりました。

個室でゴホゴホ咳き込みながら待ってると「大丈夫ぅ~~?www」なんて陽気な感じに先生に言われました。全然大丈夫じゃねぇよって言いたくてももうめっちゃちっちゃい声で返事するぐらいしか無理なレベル。



そして、ついに、鼻から、入っていくぞカメラ!!



俺は富士フィルムの鼻から入れる胃カメラのCMのイメージに洗脳されすぎてて、おえってならないだろうしもうなんだろうすぅ~~~っと入ってすぅ~~って終わるもんだとばかり思っていました。

現実は割と過酷でしたね。もう違和感半端ない。

多分空気を入れながらチューブを入れていくので、そこでまず気持ち悪さみたいなのが出ますね。あの吐く寸前の感じ。

んで、たまらずに「先生、きもちわるいdsおえええええええええええええええ」ってやりました。何も出ませんでしたけどw


そのあたりで空気を抜いてもらい、だいぶ楽な状態に。



胃を一通り見て、胃の粘膜をピっと取られて、終了。



ちなみに突っ込んでから抜かれるまでの時間は10分ぐらいでしょうか。個人的には胃痛なんて完璧に忘れるレベルの辛さでした。



で、結果ですが、胃炎でした。



とりあえずカメラ入れて判明して良かったです。あんだけしんどい思いして成果なしやと笑えるんでw



ぼちぼちと治療していきましょう。



以上。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
Mugen
性別:
男性
職業:
社会人だよバカヤローー!!
趣味:
ピアノ、アニメ・音楽鑑賞、ネットサーフィンとかとか
自己紹介:
ただの車好きな変態です。

twitterもやってますんで、よければリンクからドゾー
Twitter




最新CM
[09/13 cartier necklace love copy]
[09/09 copy love ring cartier]
[08/31 oyster perpetual rolex watch replica]
[08/31 bracelet cartier diamant replique]
[07/16 BrokersHax]
バーコード
最新TB
(10/02)
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]